長唄協会創立八十周年記念 長唄協会演奏会




 八十周年幕開きということで、家元は杵屋勝太郎師との『鶴亀』を出曲、予定が変り、初番は、九州支部『老松』となりましたが、家元は、舞台降りるなり楽屋へ入りながら「難しいネ、こういう曲は…。」とおっしゃいました。『鶴亀』は、私共でも、初等科の曲、演奏としてきちんとするには難しく、つい遠ざけてしまいます。当派では、大きな会に、四部合奏で演奏されたりという扱いです。しかし、当日の『鶴亀』は、曲本来の格、品があり、とても良い曲でして、改めて『鶴亀』を見直す良い機会となりました。
 八十周年を記念し、今回は特別に北海道、関西、九州からも出曲があり、関西からは、支部長弥初郎様、弥寿智恵様、九州からは、支部長弥瑩様を御出演なさいました。又、本合同では、かをる師、陽子師が協会で初めて同じ舞台に出演、微笑ましく、協会共々、お目出度く、微笑ましい舞台となりました。

『鶴亀』の方々

本部に加え、九州・関西支部の皆様

かをる師、陽子師 嫁姑の嬉しい共演。




戻 る