長唄体験授業「勧進帳」
世田谷区立桜丘中学校





桜丘中学校第2学年を対象に長唄「勧進帳」の体験授業を行いました。全2校時で扱い、1校時には歌舞伎の成り立ちや長唄の説明、勧進帳の物語の解説等、2校時の体験に向けて事前指導を行いました。2校時は、杵家弥佑先生をゲストティーチャーにお迎えして実際に長唄を唄う体験授業を行いました。音楽室に座布団や割り箸でつくった扇子を用意し、所作や言葉の運び方から丁寧に教えていただきました。最後は全員で「元より〜読み上げけれ」の部分を合わせました。生徒たちはなれない正座に苦戦しながらも、初めて聞く生の三味線の音に興味を示し、自国の音楽を知る貴重な機会となりました。

生徒の感想

・杵家先生も言っていたけれど、日本人なのに日本の音楽を知らないのは恥ずかしい事だと思った。

・海外に行ったときに、日本の唄について説明ができるようになったので良かった。

・先生の声に迫力があってびっくりした。三味線もかっこよかった。

・こんなに昔からある音楽なのに楽譜ではなく、唄を聴いて次の世代に伝えていくのがすごいと思った。

・手の組み方など、普段も使える礼儀作法もあったのでとてもためになった。

・もっと日本の音楽を知りたい。そして、海外の人にも伝えたい。




戻 る