平成25年度・松戸市音楽実技研修会終わる





平成25年音楽実技研究会を終えて

 8月22日木曜日、松戸市立第四中学校において、音楽実技研修会邦楽コースを開催いたしました。講師は、杵家弥佑先生・陽子先生・七喜美先生・弥佳清先生です。
 この研修会は小学校及び中学校における授業力向上のため、日常の授業に直結した専門知識と実践的指導技術の習得及び教職員の演奏技術向上を目指し、松戸市教育委員会が継続的に実施しているものです。本年度で弥佑先生をお迎えした研修会が12年目となることをお聞きしました。多年にわたる研修会への御協力と受講生のニーズに応じたきめ細かな御指導に心から感謝申し上げます。 
 さて、邦楽コースは三味線実技と長唄実技が主な内容です。三味線実技では、猫の皮に触れながら天然素材を使用する意義についての丁寧な説明等を交え、楽器の構造について学ぶと共に、演奏技術を高めることができました。長唄実技では、受講生が楽曲の特徴を捉えやすいよう先生の唄いによる支援をいただきました。繰り返し唄ってみる体験を通して日本の伝統音楽を学ぶ機会を得たことは、たいへん貴重な経験となりました。受講生からは、邦楽への理解を深め、技能を高めることができる有意義な研修会であった旨の感想が多く寄せられています。
 今回の研修会における先生方の示唆に富んだ御指導を、市内小中学校における日々の教育実践に生かしていく所存です。今後とも御指導、御鞭撻を賜りますようよろしくお願いいたします。 

松戸市教育委員会学校教育部指導課
              黒岩 春生




戻 る