明星ヶ岳編



 久しぶりに、私からご報告申し上げます。長期予報ではずっと雨でしたが、当日は何とか青い空になりました。今回の参加は、当初大分多かったのですが事前にキャンセルが相次ぎ、結局私を混ぜて三名という、山行史上最低の人数になってしまいました。それでも元気に、新宿七時発のロマンスカーで一路箱根へ。湯本でバスに乗り換え、本日の目的である「明星ヶ岳」の登り口を目指しました。停留所で装備を整え、登山開始。最初は別荘地の中を歩きます。一汗かいたところで登山道へ。約一時間の登りで明神ヶ岳からの鞍部に着き、それから約一時間の快適な尾根歩きで、明星ヶ岳の頂上(写真)に着きました。頂上は尾根歩きの途中に不意に現れ、皆ビッックリ!何だか拍子抜けした登りになってしまいました。尾根道の広いところを探して、お昼です。二種類のサラダや鴨ロースの燻製、鳥の焼いて解した物などご馳走が並び、私の持って行ったカレーをメインに、しばしの宴を楽しみました。帰りはバスで塔ノ沢へ出て、私の友人がフロントをしている「一の湯」でお風呂です。初めて入る本館の湯は、源泉掛け流しの透明な湯船と、洗い場には、一段高い普段石鹸を置く所に、これも掛け流しの源泉が流れ、そこから手桶で汲み放題という贅沢なお湯でした。湯本の居酒屋で打ち上げをして、帰郷しました。今回も、いい山でした。

杵家 弥七