三頭山〜鞘口〜十里木編



 去る五月十一日、東京都の一番奥の山、山梨との県境に位置する『三頭山(みとうさん)』に行きました。平成元年にオープンした自然公園「都民の森」にあり、都内で最も広いブナ林があります。
 青梅線武蔵五日市駅からバスで都民の森まで行き、歩き始めてすぐ三頭大滝に出ました。決して大きな滝ではありませんが、なんとも優しい景観の美しい滝です。新緑に包まれ「ブナの路」を抜けると頂上付近に出ます。西峰・中央峰・東峰からなるのがこの山の名前の由来です。西には富士山が、北東方向には御岳山・御前山・雲取山などが臨めます。
 昼食後鞘口(さいぐち)峠経由で都民の森の入り口に戻り、もう一つの楽しみである十里木の温泉施設に行きました。湯も食事も楽しめ、ログハウスもあり、ここだけを目的に改めて訪れたくなるような処でした。

本部・弥華梅