五輪山〜伊豆ヶ岳〜古御岳〜高畑山〜天目指峠編



 四月二十五日(金)は晴天に恵まれ、池袋から西武秩父線にて、一時間半余りで、正丸駅に着きました。いよいよ出発です。舗装路を歩いていると、黒いアスファルトの間から小さな芽が、よくみると竹の子です。こんな所までと、生命力の凄さに感心しました。
 登山口に入ると水の音が、川のせせらぎが迎えてくれます。三段の滝があり、マイナスイオンはバッチリで、足どりは軽く、良好です。それからしばらく、アップダウンの尾根道を登り、一、の目的地五輪山に到着。それから少し行くと、今日のお楽しみ、男坂の鎖場に出ましたが、『落石の危険が有り』の立看板を見て、安全策をとって、男坂と女坂の間の迂回路を行く事にしました。残念! 二、の目的地伊豆ヶ岳(八五一m)頂上に到着しました。でも、お昼は古御岳までお預けです。もう少し頑張りましょう。三、の目的地古御岳(八三〇m)でお弁当を広げ、お腹を満たしました。展望も良く、埼玉ドームまで見えます。ゆっくり休んだら、若葉、青葉の香りを吸いながら、下山します。四、の目的地高畑山(六九五m)は高尾山よりまだ一〇〇m高いのです。馬酔木の群生地を通り、五、の目的地天目指峠(あまのざすとうげ)が最終地点です。それから、さわらびの湯で汗を流し、バスにて飯能に出ます。お待ちかねの二次会でのビールは格別です。今回は家元先生の小学校からのご友人、片岡裕氏が参加してくださり、とても楽しかったです。健脚コースでしたが、皆さん、頑張りました。秩父の新緑は最高でした。有難うございました。

本部・七毬