ばち

象牙(左)・木ばち(右)

象牙・水牛の角・べっこうなどがありますが、材質により音色が違いますので、音楽の種類により使い分けます。長唄では、演奏会用には象牙、練習用には木製のばち(樫など)を用います。木ばちはそれ自体では重さが不足するため鉛を埋め込んであり、ばちを持ったときに重心を取りやすくしてあります。



戻 る