What's  三味線




三味線は永禄年間に琉球の三線(俗に蛇皮線)が貿易船によって泉州堺にもたれされました。琵琶法師らの手によって改良され、今日の三味線ができあがったとするのが通説になっています。
三味線には、棹の太さによって3種類に分けることができ、それぞれを太棹・中棹・細棹と呼びます。
太棹は義太夫節、中棹は常磐津節・清元節・新内節・宮園節・小唄など、細棹は長唄・端唄・河東節・荻江節などに用いられます。

三味線の各部名称   

各部の名称や下のボタンを押すと拡大写真・説明が見られます。

糸  ばち指スリ膝ゴム調子笛






三味線を携帯するための工夫

現在長唄で使用する三味線の大部分が、携帯に便利なよう棹の二カ所で取り外し、三つの部分に分けられる工夫(三つ折れという)がされています。

継手溝(左)と仮継(右)