駒  

ばちと同様、音楽の種類により材質を使い分けることがあります。長唄では演奏会用には象牙、練習用には舎利駒・練駒などを用います。
高さも様々ありますが、三分五厘(10.5ミリ)から六厘(10.8ミリ)程度が一般的です。



戻 る