三味線には、その楽器固有の音高がありません。例えば正確に調弦されたギターの第五弦は必ずAの音になりますが三味線には決まった音がありません。これを「絶対音がない」といい、邦楽の持つ大きな特質の一つとなっています。そのために調弦をする際はいずれの調子でも基音(基本となる音、現在では一の糸を用いる)を決めなくてはなりません。

本数

十一 十二

基音

B♭ C# D# F# G#



戻 る