日帰りバスツアー「山高神代桜・河津桜を訪ねて」





 今年は日本三大桜の一つである山高神代桜を見に行くということで、是非にと参加をしました。
 花見旅行となると咲き具合が賭けに等しいのですが、日程はバッチリ見頃と合い期待はふくらむばかり。ところがもう一つの問題は天気、朝からザーザー雨。なかなか完璧にはのぞみを叶えてはくれません。
 気を取り直し新宿を出発。車中の曇る結露をふきながら中央高速道を山梨に向いました。甲府盆地に入ると、ちょうど果樹園の桃や杏の花が満開で、道路の両側が濃いピンクの絨毯を敷きつめたようでとてもきれいでした。春はどこを見ても木々や草花が寒さからとき放たれ、喜んで華やいでいるようです。雨でかすんだ景色からでも感じ取れます。
 二時間程で目的地の実相寺に到着。境内一面にびっしりと水仙が咲き乱れ、その奥に静かに花を咲かせ、樹齢二千年近いといわれている神代桜がたたずんでいました。ド迫力を想像していたのですが、「今年もしっかり咲いたよ。」と頑張っている豪華ではない質素な姿に感動しました。また会いに行きたくなる不思議な桜でした。
 一行はその後美味しい昼食と道の駅での買い物を楽しみ帰路へ。
 やはり雨は残念でしたが、観光客も少なくのんびり、ゆったり楽しめたので良しとしましょう。素敵な一日をありがとうございました。

七 花

 
 

 山高神代桜

 七賢蔵元・臺眠で昼食




戻 る